皮膚科にも少しづつ違いがある

肌に炎症が起きたリ、かゆみや痛みが生じたときには皮膚科へ行くものですが、皮膚科にもいくつか種類があるのはご存知でしょうか。ここでは、一般皮膚科と美容皮膚科の違いについて分かりやすくご説明します。

皮膚科の違いを見てみよう

美容皮膚科

シミやしわの治療など、見た目を改善するための治療は、医療保険が適用されません。クリニックが自由に診療費を設定することができるため、クリニックによって費用は異なります。

一般皮膚科

一般皮膚科では、基本的に保険適用内での治療が行われます。そのため、湿疹やじんましんなどの診療を行う時には、どの皮膚科で治療を行っても同じ料金で見てもらうことができます。

自分だけで悩まない!皮膚科で肌の悩みを解決するコツ

女性たち

両方を兼ね備えたクリニックも増えている

基本的に、美容皮膚科と一般皮膚科は異なるものですが、調布では両方の診療を行うクリニックも増えています。一つのクリニックで治療が完了すると、利用する人にとっては楽かもしれません。保険適用内で治療を行いたいのであれば、その旨を事前に伝えるようにしましょう。

良い皮膚科の選び方

今起きている症状について、病名や治療方法についてきちんと説明ができる皮膚科を選びましょう。また、患部を少し見ただけで判断するようなところは避けたほうがいいですね。処方する薬についても、使用する期限、塗り方、塗る場所を指示してもらいましょう。

皮膚科で行くときに話したいこと

港区や墨田区の皮膚科で症状を見てもらう時には、「症状の出始めた時期」「症状が表れているところ」「かゆみや痛みの有無」「治療経験の有無」を必ず伝えましょう。また、その症状が常に出ているのか、現在治療している病気なども聞かれることがあります。きちんと答えられるように、メモに書いておくといいでしょう。

肌トラブルが多いならアレルギー検査をしてみよう

じんましんや発疹、荒れなどが頻繁に起こるようなら、何かアレルギーを持っているかもしれません。パッチテストや血液検査などでアレルギー源を知ることができるので、心配な人は一度調べてみるといいでしょう。また、アレルギー検査は内科や耳鼻咽喉科でもできます。

肌トラブルの疑問を解決

乾燥肌の原因って?

肌のターンオーバーが滞ると、古い角質が排出されずに溜まってしまうため、新しい細胞になかなか生まれ変わることができません。その結果、保湿力が弱まって肌が乾燥してしまうのです。乾燥してしまうと赤みや痒みが出て、粉を吹くようになります。

白ニキビも病院へ通った方がいいの?

ニキビの中でも初期段階である白ニキビは、洗顔と保湿をきちんと行えば、すぐに治すことができるので、病院へ通うほどでもないでしょう。しかし、慢性的にできるようなら、肌質改善のために治療をしてもいいですね。